他の子にはあまりないそばかすがすごくコンプレックスでした

私は、物心がついたときからそばかすがありました。

小学生のころはあまり気にしてはいませんでしたが、中学、高校と成長してくるにあたり、他の子にはあまりないそばかすがすごくコンプレックスでした。

そばかすがあることで、老けてみえることが嫌で嫌で仕方ありませんでした。

そばかすがなく、色白のつるんとした肌をもっている子がうらやましく思っていました。

高校にあがると、化粧を覚えたのでコンシーラーなどで隠す努力をしたり、チョコラBBなどのビタミン剤などを飲んだり、美白用のスキンケアを使うようにしたりとそばかすを薄くしようとすることも試しました。

しかし、こういう努力は実を結ばず、そばかすは薄くならずに年々増えていっている気がします。

レーザーなどで消してしまいたいと思っていますが、そばかすは消してもまた再発しやすいということを医者から聞いたので、踏み込めずにいています。

そばかすがなかったら、すっぴん美人になりたいとまでは言いませんが肌は色白のほうなので美肌になるだろうなぁ、すっぴんになっても老けてみられにくいだろうとの思いはいまだ消えません。

私には女の子の子供がいるのですが、どうかこの子にはそばかすが出てこないことを強く願います。

そばかすはなくならないにしても、最低限のスキンケアは肌のためにも続けていきたいと思いますし、そばかすを個性の一つとして受け入れていきたいです。

※参考サイト:すっぴん美人になりたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です